地に馴染み、木と暮らす「I-HOUSE」

kanako K kanako K
Google+
Loading admin actions …

経年変化を楽しめるモノは日常に多くあります。デニム、革製品、天然素材の家具や貴金属など、どれも使い込むほどに味わい深いものになり、さらに永く共にすることで愛着がわくものです。経過年数を経るほどに価値が増すこともあります。住宅においても経年変化によって住み心地や愛着、風合いを楽しむことが可能です。そこで今回、年月が経ってもあきのこない、環境に適したデザインと可能な限り本物の素材にこだわった設計を行う、有限会社クリエデザインが手掛けた二世帯住宅をご紹介いたします。

採光を取り込むトップライト

民家が密集した敷地に建つ本住宅。二階室の採光はトップライトから取り込むように計画されました。ダイレクトに自然光が届く室は日の傾きを感じ取ることが出来ます。天井仕上げ目地に合わせて設けた開口はスッキリとしたデザインに。ナチュラルで温かみのある樺桜無垢のフローリングに白塗装仕上げの壁が清潔さと爽快さを演出しています。

外壁と一体化した玄関ポーチ

まだ若い植栽の傍からアプローチする玄関ポーチ。外壁の杉の羽目板張りは玄関扉まで続きます。一見しただけでは、玄関扉の位置を特定できないかもしれません。しかし全体のナチュラルなシンプルさと近隣民家に一体化するような意図から生まれたデザイン。永く付き合える、素材が主役の玄関構えです。

木の色味を味わう玄関スペース

外部面の扉デザインとはまた違った、木目の美しい玄関扉の内側面。木が成長することによって自然が作った様々な模様が玄関スペースに木の独特な雰囲気を添えています。玄関土間のたたき仕上げと相まってモダンな和風さをも感じます。

白い手すりのある、リビングダイニング吹き抜け

リビングダイニングの空間と二階のフリースペースを大きく繋ぐ白い手すりがある吹き抜け。二階トップライトの採光がダイニングスペースまで届き、開放感ある空間です。白い塗装で仕上げられた手すりの格子は、土蔵の壁塗り様式の一つにあるなまこ壁の目地に似た和風を思わすデザインです。

シンプルでプレーンな素材が活きた外観

外観を見ると二階部分に突き出たバルコニーは周辺の目線を遮るほどの高さに計画されています。近隣が近い事もあって主に南面と北面のみに設けられた開口。杉の羽目板張り無塗装仕上げで全体を包んだ住宅は、まだまだ杉の新しさ余る装いです。これから経ていく年数と共に環境に馴染む風合いへと変化をかさねていくことでしょう。

modern Houses by FingerHaus GmbH

Need help with your home project? Get in touch!

Request free consultation

Discover home inspiration!