素敵な和風の家10選 | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3644:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

素敵な和風の家10選

Manami Sakaguchi Manami Sakaguchi
Asian style houses by ELEPHANTdesign Asian
Loading admin actions …

最近では、再び和風の住宅に人気が集まっています。和風住宅にはしっかりとした構造のものが多く、長く暮らすことができます。温度や湿度の調整などもでき心地よく、いろいろなメリットがある和風住宅は、伝統的な日本家屋外観にとどまらず和風モダンや和洋折衷の家などその日本家屋外観バリエーションも豊富です。特に和洋折衷タイプの家は、和の家らしい雰囲気と洋風の機能性をうまく合わせることで、現代の暮らしに合わせながらも伝統的な和を感じることができます。今回はそんな和風の家を紹介したいと思います。

日本ならではの和

歴史的風情が残る彦根市中心市街地の商店街に立地するこちらの和風住宅。滋賀県を拠点に活動するタクタク/クニヤス建築設計が手がける町家日本家屋外観は、美しい景観をそのままに残すリノベーションが行われています。上質な空間が外観にもにじみ出ています。建設当時の構造を現し、素材が持つ歴史的な重みを残しつつ、現代の生活に合わせたモダンなガレージスペースのデザインが素敵です。扉は格子引き戸にし、しっかり和の家らしさを感じさせます。


▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の庭を紹介しています。◀

※ の写真ページ

和を感じられる家

こちらは福岡県を拠点に活動する西薗守 住空間設計室が手掛けた和風の家です。伝統的な和風住宅に新しいアレンジを加えつつ、木の格子や屋根の形などからモダンな和の家らしさを感じられる日本家屋外観となっています。どの部屋からも外を感じられる風景をつくり、平屋のような心地よさと自然に包まれた安らぎのある住まいが実現しています。青空や雲、雨や雪の天候、そして移りゆく季節の変化を感じられる落ち着きは和の家ならではの魅力ですね。


【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 住んでみたい!お勧めの平屋10選!

和を醸し出す要素

両側を建物で挟まれた敷地に建つこちらの和風住宅は、築約100年の京都の町家を現代の生活に合わせて暮らせるように、京都を拠点に活動する一級建築事務所(有)BOFアーキテクツが再生しました。あえて現代的な素材を取り入れることで一層伝統的な美を感じられる空間となっています。また、伝統的な街並みが多く残る京都の風景を壊さないようにと配慮し、日本家屋外観の素材と様式にこだわっています。左側にあるお洒落な照明も和を醸し出すための、大切な要素の一つとなっています。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録しているインテリアデザイナー

瓦に降り積もる白い雪

築120年の歴史を持つこちらの木造住宅の一部改修を、石川県を拠点に活動するワダスタジオ一級建築事務所が手掛けました。過去の風情を街の中に残すため、外壁は杉板による仕上げとなっています。内部は既存の木組を表しとして残しつつも、現代の用途に合わせ新しいレイヤを重ねることで、建物の歴史を感じながらも現代の暮らしを快適に過ごすことができます。また冬には降り積もる白い雪と外壁とのコントラストが美しい、風情のある和風の家です。

軒の深い美しい瓦屋根

こちらは兵庫県を拠点に活動するKATACHITOCHIKARAが手掛けた瓦屋根が美しい和風住宅です。軒を深くかけることで、日差しや外部との距離感を確保しています。それでいて暗くなりすぎないように屋根の一部にガラス瓦を設けて、内部にほどよく光が差し込むようになっています。室内はひのきを使用し、肌理の細かい質感が落ち着きをもたらしています。光が滑らかに反射することでやわらかく明るい空間が広がります。

庭も家の一部である

立派な庭を持つこちらの和風住宅は、岐阜県を拠点に活動するELEPHANTDESIGNが手掛けました。かつて和の家は庭も住まい同様に大切と考えられ、四季を感じられるような樹木を配し池や橋を設えて自然を家の中に上手く取り込んでいました。庭は和の家を構成する一部だったのです。この住まいには、そんな日本人独特の美意識がある美しい庭が広がります。

天守閣のような空間を持つ和の家

こちらは兵庫県を拠点に活動する総合建築植田がリノベーションを手掛けた和風住宅です。風通しや採光が取れなかった空間を1階には屋外デッキが設けられ、それに面してLDKが配置され明るい空間をつくります。二階部分は暗くて全く利用されてなかったところを、内部の壁を取り払い壁の四周にガラス窓を取り付けることで光を効率よく取り込み、同時に外の景色が美しく入ってくる天守閣のような空間に生まれ変わりました。日本家屋外観もそんな開口部から温かい光がもれてより魅力を増しています。

photo:K.sugino

懐かしい風景を思い起こさせてくれる

慶応3年以前に建てらてた築後150年の古い民家の再生と一部の増築を、兵庫県を拠点に活動する株式会社古田建築設計事務所が手掛けました。日本家屋独特の美しい和の雰囲気のある外観は、元あった形をベースに懐かしい風景に合う形に再生されました。また古い部分と新しい部分を対比させることで時間の経過を形として表現されています。古き良き日本の風景を思い起こさせてくれる素敵な和の住宅です。

歴史的地区に建つということ

こちらは京都を拠点に活動するHIROMU NAKANISHI ARCHITECTSとKei Fujita Architectsが共同で手掛けた住宅です。京都の特に歴史的地区にあるこちらの住宅。伝統的な風景を壊さず、また復活させるため形状や屋根のピッチ、高さ、壁のラインまで細かく設計されています。現代的な素材で作られていますが通りに合うように木の格子窓やドアを配置することで、現代の暮らしを送りながらも歴史的風景を壊さず周りと共存する住宅となっています。

モダンデザインを取り入れた現代和風の家

こちらの和風の家は三輪神社の参道に面し古くから門前町として栄えた地域に立地しています。周辺には今も町家が点在し、伝統的なコミュニティが残る地域です。明るい大きな玄関先に三和土土間が敷かれ、フローリングと土間段差を利用したオープンキッチンが現代的なライフスタイルに合わせてデザインされています。三田市の代表的な景観である町並みにふさわしい佇まいでありながらモダンデザインを取り入れた現代的な和の家がつくられています。

和風の家と茶室の豊かさ

こちらはAMI ENVIRONMENT DESIGN/アミ環境デザインが手掛ける伝統的な茶室のある和風住宅。庭先から望むこの住宅は和風のゆったりとした雰囲気とL字型プランが特徴的です。外壁に用いられた木張りや縁側のある和室と要所に植えられた植栽、石畳から縁側、そして茶室に続きます。大開口をフルオープンにすると室内の奥まで目線が突き抜け、開放感と和やかな景色が広がります。

和と和モダンを繋ぐ

東京を拠点に活動する忘蹄庵建築設計室が手がけたこちらの和の家は、愛着のある茶室だけを残して母屋の建て替えが行われています。既存の茶室棟と新築の住居棟、その2棟を玄関で繋ぐというプランとなっています。母屋の高さを茶室に合わせた平屋にし、和を感じさせてくれる石のアプローチが歴史を感じさせます。

【和の住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 和モダンな住まいにする6つの方法

※ 日本家屋が持つ6つの魅力

※ 和風建築と洋風建築のメリット・デメリット

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 

▶homifyで建築家を探してみませんか?◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※ 


by FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) Modern

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!